ミントC!Jメールで出会った石原さとみ似の五十路熟女を玩具責め

 

管理人のヤマシタです。

五十路熟女が大好物です。

 

僕は、いくつか出会い系に登録しています。

 

出会い系は複数登録すれば、出会える確率も高まると実感しています。

 

AがだめならB、BがだめならCといった具合に、地道に活動すれば必ずどこかに引っかかるものです。

 

僕は仕事に対しての執着心はあまりないのですが、五十路熟女とのセックスには、異常な執着心があるんです。(笑い)

 

だから出会えるのですね。

 

そんなわけで、今日はミントC!Jメールで知り合った五十路熟女について触れてみたいと思います。

 

 

五十路熟女はミントC!Jメールでゲット

僕はいつものようにミントCJールを開いていました。

モテない、仕事もパッとしないこの僕が、ミントC!Jメールを利用し始めてから毎日ドキドキ・ワクワクしっぱなしなのです。

 

ミントC!Jメールはこちらから

 

そもそも出会い系サイトをこの僕が利用するなんて考えてもみなかった。

 

なんとなく登録してなんとなくメールを送ってみたら簡単に女性に出会えてしまったのだから、ハマらないわけがないですよね。

 

でも僕は運が良かったのかもしれないね。

 

会社の同期のヤツなんか、なかなか出会えないと嘆いていたからね。

 

そこで出会い系サイトに複数登録してみたらとアドバイスしたら、早速出会えてセックスできたと、僕に感謝していましたよ。

 

ところで僕は僕で、今日もタイプの女性がいないか探していたところ思わぬ反応がありました。

 

適当に女性のプロフィールをチェックしていたら、ある女性が目に留まったのです。

(ふむふむ…玩具で沢山虐めて欲しいです…か…。)

 

プロフィール写真には石原さとみ似の優しげな横顔。

(こんな可愛らしい顔を、快感に歪ませてみたいな。)

 

僕は少し緊張しながらもメールを打ち始めていた。

 

 

五十路熟女は石原さとみ似の美人だった

「初めまして!優しさの伝わる写真と玩具をねだるギャップに凄く惹かれました。僕で良かったら会ってくれませんか?」

…30分後。

 

「はじめまして^^メールありがとうございます。私、もう50を過ぎたおばさんだけれどそれでもいいですか…?」

 

え?!こんなに綺麗なのに50代…?!

 

プロフィールで年齢までは見ていなかったけど、むしろこんなに綺麗な50代なら大歓迎だ!!

 

「大丈夫ですよ^^こんなに素敵な女性に出会えるなら、とても嬉しいですよ!是非僕と会ってください!」

 

2日後、僕らは大宮駅で待ち合わせをしました。

 

そわそわしながら時計を見る僕。

 

「待ち合わせの時間まであと10分…。」

 

バッグの中には彼女をたっぷり虐める為の玩具が入っている。

 

どんな風に虐めてあげようか、どんな風に彼女は鳴くのだろうか。

そんなことばかり考えていました。

 

「勇一さん…ですか…?あの、私ミントC!Jメールで…」

 

目の前に現れたのはプロフィール写真以上の、まさに石原さとみ似の巨乳美女だった。

 

突然現れた彼女に戸惑う僕。

 

「あ、そ、そうです、僕です。勇一です。今日はよろしくお願いします。」

 

「よかったぁ…今日は1日よろしくお願いしますね。」

ニコッと微笑む彼女。

 

すぐにでも抱きたい衝動に駆られる。

 

「あの…っ、僕、その」

 

「勇一さん。恥ずかしいけれど、もう私…びしょびしょなの…。ね?お願い…。」

 

ホテルへ誘おうとした僕の言葉を遮って彼女が発したのは、まさかのおねだりだった。

 

五十路熟女を玩具攻め

 

 

ドキドキしながら彼女の手を引いてホテルへ向かった。

 

入ったホテルは、駅すぐそばのホテルK大宮。

 

部屋に着くとすぐに彼女からキスをしてきた。

 

「んっ…ちゅっ…はぁ…んっ」

トロンとした目で僕を見つめる彼女。

 

ふと彼女の胸のあたりをみると、可愛らしい乳首がぷくりと起っているのが見えた。

(もしかしてノーブラ…?!)

 

舌を絡ませながらそっとそのたわわな胸に手を伸ばす。

 

こりっとした乳首をそっと弾いてみた。

 

「はぁ…っ!だ、だめぇ勇一さん…!そこは…っ!!」

 

「何が駄目なの?見て欲しくて、触って欲しくてノーブラで来たんでしょ?」

 

僕はいつものパターンでつい高圧的な言葉を発してしまう。

 

会社では影が薄く、意見も堂々と言えないくせに、五十路熟女と二人きりになると人がかわってしまう。

 

抑圧されたものが、つい五十路熟女に向けられてしまうようです。

 

服をたくし上げてその柔らかく白い肌にむしゃぶりつく。

 

「淫乱だなぁ?」

 

「あんっ!!い、いやぁ…恥ずかしい…」

 

お構いなしに下へ手を伸ばすと、なんと彼女はパンティーも身につけていなかった。

 

「下着を1枚もつけてこないなんて、変態だな!沢山可愛がってあげるからね…」

 

とろとろに濡れたおまんこを優しく愛撫する。

 

くちゅっくちゅっ

じゅぷっじゅぷっ

 

「あぁっ!!おまんこ!!おまんこ気持ちいいのぉ!!」

 

「あ、あ、だめ、だめよ勇一さん、だめ…っ!あぁイくぅっ!!」

 

敏感なのかすぐに果ててしまった彼女だが、僕はすかさず準備しておいた玩具を取り出してスイッチを入れた。

 

「まだイくには早いでしょ?これで遊んでほしいんでしょ?」

 

ウィンウィンといやらしく動く玩具を前に、早く頂戴ともいわんばかりに足を開きくねくねと腰を動かす彼女は潤んだ瞳で僕を見つめる。

 

たまらなくいやらしい。

 

「欲しいの?」

こくんっと頷く彼女。

 

「ちゃんとおねだりしないとあげないよ?」

 

「勇一さんのイジワルぅ…おまんこに…おまんこに挿れてくださいぃ…我慢できないのぉ!おまんこぐちゃぐちゃにして欲しいのぉ!」

 

ぐちゅっ!!

ずちゅっずちゅっ

 

「んっあっあぁ!!おまんこ気持ちいいぃ!!」

 

快感に顔を歪ませる彼女を、本当に美しいと思った。

 

壊したいと思った。

 

柔らかな胸を揉みしだきながら責めると、突然

 

「あぁ~でちゃう!なんかでちゃうよぉ!!」

 

瞬間、ぷしゃーっと潮を吹く彼女。

「も、もう…だめぇ…壊れちゃう…」

 

 

たまらなく可愛い。

 

 

「僕が壊してあげるね。」

 

いきり立つ肉棒を遠慮なく彼女のおまんこに挿入した。

 

柔らかくて、温かくて、すぐにでもイきそうだ…っ!

 

「気持ちいいよ…おまんこきゅうきゅう締め付けてくるね…そんなに締めたらイっちゃうよ…」

 

「勇一さん…もう私…イっ…ちゃ…ううぅぅぅ!!」

「イく、イくよ、中に出すよ!」

 

彼女がぷるぷると痙攣すると同時に、僕は彼女の中で果てた。

 

僕らはしばらくそうして繋がったまま、お互いを感じていたのだった。

 

その後も彼女とは定期的に会い、デートやセックスを楽しんでいます。

登録無料ミントC!Jメール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です