ミントc!Jメールで仲良くなったスレンダーで池上季実子似の五十路熟女はバスルームでのイチャイチャが大好き!

 

こんにちは。

管理人のヤマシタです。

 

僕の職場には女性は沢山います。

 

でも全く僕はもてません。

 

そんな僕でもミントc!jメールを使うとブサメンからイケメンに大変身!

 

ミントc!jメールでやり放題です。

 

 

ミントc!jメールで知り合った五十路熟女は禁断の恋の虜

 

アパレル業界で働いている40代後半の独身男性ですが、仕事がらファッションが好きで、職場には女性たちが多数いますが、恋の話などは全く皆無です。

でも出会い系サイトを利用して、少し歳上の五十路熟女たちと、秘密の恋愛をこっそりと楽しんでいます。

 

利用しているミントc!Jメールは、とても会員数が多く意外にアラフェフの五十路熟女たちも、ちょっぴり刺激を求めて登録しています。

 

半年ぐらい前に知り合った五十路熟女もそんな感じの女性で、サイト内の私の掲示板の募集にコメントをくれて、お礼のメールを送ったことからメールのやり取りが始まりました。

 

彼女は50歳の既婚女性で、僕から見ると彼女の年齢はちょっと歳上ですが、逆に成熟した大人の魅力に惹かれてしまいます。

 

知り合ったばかりの時は、大人しい感じの女性で、差し障りのないやり取りでしたが、ファッションの話題からお互いの恋愛体験などの話題になった頃から、うち解けてきました。

 

スグにラインのやり取りに切り替えてラインでの写メ交換をしますと、彼女は随分年齢よりも若く見えるかわいい女性で、ロングヘアが素敵そうでした。

 

どうやら彼女は、出会い系サイトで禁断の恋の味を覚えたらしく、女盛りを迎えてますます欲望が強くなっているみたいです。

 

禁断の恋を求めてさまよう五十路熟女です。

 

五十路熟女と池袋で食事中一気にエッチモードへ

 

“やっぱり女性って、アラフォー過ぎたあたりから、性欲とか強くなるのですか?

 

“どうなんだろう…”

私はエッチの上手な男性と知り合えて、今までのエッチが何だったのかしらと、後悔したからかな(笑)”

 

確かに出会い系サイトで知り合った男性に、エッチの楽しみ方を教えてもらい、その快感に虜になってしまった五十路熟女たちも多そうです。

 

知り合ってから3週間目には食事でもと誘うと喜んでくれて、池袋で待ち合わせをする事にしました。

 

当日に初めて会った彼女は、写メよりも華やかで素敵な女性で、白いスキニーパンツをオシャレに着こなしていて、ヒップのラインがとても悩ましく目が釘付けになりました。

 

雰囲気は池上季実子風で、確かにまだまだ男性から熱い視線を浴びていそうなぐらいの、魅力がありました。

 

肉バル9112というダイニングバーで食事をしながらも、話題は今までの恋愛体験が中心になり、どうやら彼女は僕のような少し歳下の男性が、恋のターゲットみたいでした。

 

食事が終わりそのままワインを飲んでるとだんだん怪しい雰囲気に。

 

彼女とは恋人のように手を握り合ったり身体をくっつけあったりして、お互いに完全にエッチモードになっていました。

 

 

スレンダーな五十路熟女とバスルームでイチャイチャ

 

“良かったら、2人っきりにならない?”

と聞くと嬉しそうに、

 

“私もそうしたいと思っていたの~”

 

と言ってくれて近くのタイムズというホテルへ行きました。

 

部屋に入ってからもソファーで飲んでいましたが、彼女は急に服を脱ぎだして、

 

“良かったら一緒に風呂に入ってくれない?あのドキドキ感が好きなの~”

 

と言い出したので、ちょっとビックリでした。

 

バスタブに湯を入れながら下着姿の彼女を見ると、スレンダーですがお尻はまだまだ弾力がありそうで、バストも形が良さそうで思わず抱きしめてキスを楽しんでいました。

 

僕も下着姿になると彼女はパンツを脱がせてくれて、

 

“スゴイ、もうこんなになっちゃってる(笑)”

 

と言いながら手をつないでバスルームに行きました。

 

バスルームは、ブラックライトの部屋でバスが怪しくレインボーに色が変わっていき、ジェットバスが作り出す幻想的な世界で彼女の裸がとてもセクシー!

 

バスに入りながら初めはジャレ合っていました。

 

そのうち彼女の方が手コキとフェラをしてくれて、我慢が出来ずにバックから挿入すると、

 

“アッ、アッ、とても刺激的~”

 

と激しく悶えはじめました。

 

“私ね~、バスルームで愛し合うのって大好きなの!とても興奮しちゃうんだもん~”

 

その後もバスの中や、洗い場などで何度も交わって1時間ぐらいは夢中でお互いに求めあっていました。

 

その後はベッドでもエッチを楽しみましたが、しばらくしてからすぐに、

 

“もう一度、バスルームでイチャイチャしよう~”

 

と言い出して、今度はバスルームにマットを敷いてまた激しくエッチをしました。

 

彼女は、あのバスルームの怪しい雰囲気の中でのエッチが好きらしく、どちらかが果てると風呂に入って、また求め合う事を繰り返していました。

 

さすがにかなり、のぼせ気味になりましたが(笑)

 

出会い系サイトにいる五十路の熟女たちは、いろんなエッチでの満たされ方を知っていて、誰にもバレずにこっそりと恋やエッチを楽しんでいそうです。

 

アラフェフからの恋愛は、間違いなく女性がリードしながら、彼女たちのこころと身体を満たしてあげるものになりそうです。

ミントC!Jメール登録は無料です

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です