ミントC!Jメールで出会った横浜の森高千里似のスレンダー美脚五十路熟女は濃厚セックスが好きだった!

 

こんにちは

管理人のヤマシタです。

 

僕は、五十路熟女にはまっています。

 

セックスには貪欲で、ものすごくエロいところが大好きなんです。

 

閉経している人が多いので、妊娠しないからコンドーム不要、生でOKしてくれます。

 

中には生はダメっていう五十路熟女もいるけど、その辺は相手に合わせます。

 

相手の嫌がることしたくないですからね。

 

PCMAXは出会い系の中でも結構五十路熟女が多いんですよ。

 

五十路熟女狙いならミントC!Jメールがおすすめです。

 

五十路熟女はミントCJメールが狙い目

 

僕の最近の週末はミントC!Jメールで知り合った女性と一日デートと大体決まっています。

 

みんな意外と出会えないと思い込んでいて、登録すらしないやつが多いみたいです。

 

だけど僕は知っている。

 

簡単な登録とちょっとした勇気を出すだけで、好みの女性に会えちゃうってことを。

 

競争率が高くなるから、本当は教えたくなかったんだけど、ミントC!Jメールがおすすめです。

 

ミントC!Jメールはこちらから

 

セフレを持つことの喜びを他の人にも味わって欲しいし、こんなに美味しい思いができるってことを知ってもらいたいから、僕の体験談を記しますね。

 

沢山の女性たちの中から、ある女性が目に留まった。

 

いかにも遊んでる感じのない、知的で綺麗な森高千里似のプロフィール写真。

 

吸い込まれるように自己紹介を読んでいきました。

 

「読書とお散歩が好きです…。ふぅん、僕と趣味が一緒なんだな。」

 

「よし。決めた。この人にメール送ってみよう!」

 

「はじめまして^^雅一と申します。趣味が僕と一緒なところに惹かれました。おじさんですが、よかったら今週末デートしませんか。お返事お待ちしています。よろしくお願いします。」

 

すぐに彼女から返事がありました。

 

「雅一さん、初めまして。趣味が一緒な方に出会えたのは初めてでとっても嬉しいです。今週末、横浜で一緒にお散歩しませんか。私ももう50代のおばさんです。よかったらお返事お待ちしています。」

 

おぉ!!早速今週末のデート決まり!!

 

毎回思うけど、こんなに簡単に決まっちゃっていいのか?

 

それに、とてもじゃないけど50代には見えなかったし!

 

その後たわいもないメールを続けながら、週末を迎えるのでした。

 

ミントC!Jメールの五十路熟女は森高千里似のスレンダー美女

 

待合わせはみなとみらい駅。

 

 

10分前に向かうと、そこには見覚えのある女性が立っていた。

 

「もしかして…」

 

思わず声を掛けた。

 

「…あっ!雅一さん…?はじめまして!」

 

ニコッと笑った顔がとても綺麗だ。

それに、スレンダーで、50代とは思えない美脚。

 

森高千里にうりふたつ。

 

最近の五十路熟女はなんて若々しい人が多いんだろう。

 

一昔前なら五十路熟女といったら初老のおばあさんというイメージですよね。

 

既に女であることを捨てて、これからの人生を平穏に過ごすといった感じ。

 

ところが今の五十路熟女と言ったら、人生を謳歌しよう、セックスを楽しもう、欲望でギラギラしている人が何と多いことか。

 

僕は、森高千里似のスレンダー美女を前にして、今まで何人もの五十路熟女とヤリまくって、慣れた僕でも心臓バクバクでした。

 

 

「はじめまして!あんまり綺麗だから、僕、ドキドキしちゃいますよ。」

 

そう言うと彼女は恥ずかしげに微笑んだ。

 

「行きましょうか。」

 

自然と僕らは手を繋ぎ、歩き始めたのでした。

 

「なんだか緊張しますね…」

 

はにかんだ彼女が言う。

 

「僕だって緊張してますよ!ドキドキしてるんだから。」

 

「えー、見えない!」

 

たわいもない会話だけれど、これは傍から見たらまるでカップルなのではないか…?

 

彼女、僕の事嫌いな感じじゃないしな…。

 

もしかしてこれは、ホテルまで行けるかも?

 

そんなことを考えながらも、一日のデートも終わりに近づいてきた。

 

五十路熟女とお泊り朝まで眠れず 

「もうこんな時間ですね…。」

 

俯く彼女。

 

既に時間は夜23時になろうとしていた。

 

僕らは手を繋いだままだった。

 

このまま帰したくない。

そう思った。

 

勇気を出して僕は言った。

 

「今夜…このまま貴女を帰したくありません。」

 

びっくりしてこちらを見つめる彼女の手を引き、僕はタクシーを拾った。

 

向かったのはホテルディスパリゾート。

 

部屋に入り、彼女を見つめる。

 

期待と不安で、彼女の瞳は潤んでいるように見えた。

 

「ごめんね。嫌だった…?」

 

そう聞くと彼女は何も言わずにそっとキスをしてきた。

ちゅっ…。

 

唇と唇が触れ合う音がした。

 

その瞬間、僕の理性は吹っ飛び、夢中で彼女を求めた。

 

「んっ…はぁ…っ!雅一さん…!」

 

ちゅっ…ちゅっ…

そのまま首筋、耳たぶへキス。

 

「あぁんっいやぁ…」

 

「嫌…?じゃあやめようか?」

 

「いやっやめちゃいやぁ…もっとしてぇ…」

 

可愛い。

 

こんなに可愛い人に出会えるなんて、PCMAX最高だ!!

 

優しく服を脱がせ、そのスレンダーな色白の体にキスしていく。

 

敏感な彼女はみるみる体を紅く染めていく。

 

不意に、彼女のぷくぅっと起った乳首を舌で転がした。

 

「…っ!!」

 

声にならない声とともに、彼女は体を震わせた。

 

「凄く可愛いよ…。」

 

そう言いながら、程よい大きさの乳房を愛撫する。

 

「雅一さぁん…も、もっと…もっとしてぇ…!」

 

「どこをどうして欲しいの?」

 

「ここ…ここをペロペロして欲しいの…。」

 

そう言うと彼女は下へと僕の手を誘導した。

 

そこは既にしっとりと濡れているのがパンティー越しに分かるほどだった。

 

僕は夢中でパンティーを脱がせると、彼女のそこへ顔をうずめた。

ぴちゃっ…ぷちゅっ…くちゅっ…

 

「どんどんいやらしいおつゆが溢れてくるよ…エッチだね…」

 

「いやぁ!言わないでぇ…恥ずかしいのぉ…」

 

そういうとまたとろりと溢れてくるのだった。

 

丁寧に彼女のそこを愛撫していると、突然彼女がぴくぴくと痙攣し始めた。

 

「あぁんだめぇ!イく、イく、イっちゃう~!!」

 

そういうと彼女は大きく体を震わせ果てた。

 

「ふふふ。可愛い。こんなに可愛い女性に出会ったのは初めてだよ。」

 

ちゅっと彼女にキスをすると、僕は僕自身を彼女の奥深くへと挿れていった。

 

「あっ!あぁん!もっと!もっと!おまんこ気持ちいいのぉ!!」

 

ずちゅっぐちゅっ

 

「凄い締め付けだ…イきそうになる…っ!」

 

「いっぱい出してぇ…私のおまんこにいっぱい出してぇ!!」

 

 

「イく!イくよ!」

 

 

「あぁ~!イくぅ~!!」

ブルブルっと体を震わせると、二人で果てたのだった。

 

「はぁ…はぁ…雅一さん…もう一回…ね?」

 

可愛い彼女のお願いに、僕はその夜、眠れないことを覚悟していたのでした。

登録無料ミントC!Jメールはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です