ミントC!Jメールで知り合った安田成美似の五十路熟女は、清楚に見えて淫乱!相模原のホテルで何度も求められ…

 

こんにちは。

管理人のヤマシタです。

 

僕は清楚な五十路熟女が大好きです。

 

清楚な雰囲気の五十路熟女がセックス時に乱れまくる姿は何とも言えない神々しさを感じます。

 

五十路熟女の魅力とオーラが最大限に抽出されるシーンです。 

 

ミントC!Jメールのエロ写メ掲示板で見つけた五十路熟女

 

びゅっびゅるるるっ

「はぁ…はぁ…はぁ…」

 

僕は今まで女性と縁がなく生きてきた。

 

それを変えてくれたのが出会い系サイトだ。

 

その出会い系サイトで、いろんな女性と出会ってきた。

 

はずだったのに…。

 

最近の僕は、仕事が忙しくて出会い系サイトを開くこともしていない。

 

そろそろオナニーで済ませるのも限界だった。

 

「疲れて眠い…だけど明日は土曜日だし、久し振りに女性とセックスしたいな」

 

眠い目をこすりながら、僕は久し振りに出会い系サイトのミントC!Jメールの掲示板を見始めた。

 

エロ写メ掲示板から探すことにした僕は、気になるタイトルのものをどんどん見ていった。

 

ミントCJメールは若い女性の利用が多いと思われがちだけど、熟女や人妻も多く利用していて、特にこのエロ写メ掲示板には悶々とした熟女や人妻が大胆な写メを載せている。

 

 

家庭では普通の奥さんを演じている人もこんなに大胆な写真を撮るんだと思うと興奮してしまう。

 

 

ミントC!Jメールで見つけた五十路熟女は安田成美似

 

見ていく中で、気になる女性を見つけた。

顔を隠して写真を載せている女性も多い中、なんと顔出しの写真で大胆なM字開脚をしてカメラ目線でいやらしく微笑んでいる。

 

顔立ちは安田成美に似ていて、かなり清楚な感じだ。

 

でも、僕は思った。

 

この女性は淫乱だと。

 

どうにかこの女性に会いたいと思い、メールを送ってみた。

 

すると15分くらいで彼女から返事があった。

 

「メールありがとうございます。写真、褒めてもらえて嬉しいです…。見られると興奮しちゃうんです。だからわざと顔出しで写真撮ってるんですよ」

 

「素敵な写真でした。とってもいやらしくて…綺麗で。実際にそんないやらしい姿をみてみたいですね」

 

「うふふ。実はね、こうして顔出しで写真載せてるとなかなかお誘いのメールってこないんです。だから、凄く嬉しい…明日、ちょうど主人がいないんです。よかったらお会出来ませんか」

 

翌日、僕らは相模原駅前のドトールで待ち合わせた。

 

時間10分程前に着くと、ちょうど彼女がドトールから出てきた。

 

「あ、慎一さん。初めまして…。なんだか照れちゃいますね」

 

「初めまして。そうですね、なんだかドキドキしますね」

 

「あ、コーヒー買ってきたんです。よかったら部屋で…」

 

「わざわざありがとう。それじゃ、行きましょうか…」

 

気が利くところは、やはり人妻なのだな、と思いながら、僕らは駅から程ないホテルウォーターゲートへと向かった。 

 

 

相模原の五十路熟女は清楚な雰囲気で淫乱 

 

部屋に着くなり、彼女は急に僕のズボンのチャックをおろし、まだ大きくもなっていないちんぽを口に咥えねっとりと舐めてきた。

 

「うっ…まだシャワーも浴びてないのに…いいん…ですかっ…!」

 

「うふふ。私、洗ってないくさぁいおちんぽが大好きなの」

 

「男の人の匂いって感じ…凄く…んっ…おいひぃ…」

 

僕はみるみる勃起してきた。

 

「はぁっ…凄い、気持ちいいよ…」

 

彼女の頭を抱えてゆっくり前後に動かすと、彼女は動きに合わせて喉奥まで咥えしゃぶってくれた。

 

「うぅっ…そんなにしたら出ちゃうからっ…あなたのことも気持ちよくしてあげたい」

 

「私はこうしてるのが気持ちいいの。おちんぽを舐めてるだけで濡れてきちゃうんだから…」

 

安田成美似の清楚な顔でこんなセリフを言われたら、堪らなく興奮する。

 

じゅるっじゅぽっじゅぽっ

 

「あぁ出る…出るよ、イクイクイ…クっ!!」

 

どぴゅんっどぴゅどぴゅっ

 

彼女はとろんとした目で僕を見ながら、口をあけて確かに受け止めたのを見せた。

 

そして「ごくんっ」と飲んでしまったのだった。

 

「ふぁ…おいしぃ…」

 

「ね、次は別のお口に欲しいわ」

 

僕はぎんぎんに勃起したままだったので、彼女に壁に手をつかせ、スカートを乱暴にたくし上げ何度も後ろから突き上げた。

 

ずんっ

ぐちゅっぐちゅっ

 

「欲しかったんでしょ?これが」

 

「おちんぽの味はどう?美味しい?」

 

「あんっあっだめ、凄い、凄いぃ」

 

「おちんぽ凄い、気持ちいい!」

 

「おちんぽ、お、美味しいの、ねぇ、美味しいの…っ!」

 

「よかった…たっぷり味わっていいからね…!」

 

僕と彼女は快感を貪り何度も求めあった。

 

何度果てたか分からないくらい、セックスをした。

 

ホテルを出てその後、彼女からは連絡もなく、

 

時々僕は彼女のエロ写メ掲示板の投稿を見てはオナニーしている。 

ミントC!Jメール登録は無料です

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です