ミントC!Jメールで出会った妖艶五十路熟女は後藤久美子似でエロかった!

 

こんにちは。

管理人のヤマシタです。

 

僕は相変わらず五十路熟女とヤリまくっています。

 

出会い系にはまって感じたことは、美人のうえエロい五十路熟女が何と多い事かと。

 

僕は出会い系を始める前までは、とにかくやりたい!多少ブスでも構わないと思っていました。

 

ところがとんでもない!

みんなそこそこの容姿の持ち主。

 

出会い系はパラダイス。

 

五十路熟女とセックスしている時間は至福の時。

 

龍宮城で楽しい時間を過ごしているみたいだね。

 

でも、あっという間に年を取って髪の毛真っ白なんてならないにしないとね。(笑)

 

 

ミントJCメールで見つけた五十路熟女は後藤久美子似の美人

この世の冴えない男性たちは、自分が出会い系で女性と出会えてヤれるなんてこれっぽっちも思ってない。

 

僕は仕事でも毎日失敗ばかり、女性にも縁がない毎日を送っていた。

 

出会い系に登録するまでは。

 

たまたま広告で出てきたミントC!Jメールを試しに登録してみた。

 

早速、五十路熟女に的を絞りメールしてみると、あれよあれよという間に会うことになり、最終的にはセックスまでしてしまったのだ…!

 

こんな面白い事、やらずにはいられない。

 

という事で、今日も僕はミントC!Jメールで好みの女性を探すことにしたのです。

 

僕は最近贅沢になっているのに気が付いた。

 

最初は女だったら誰でもいい、ブスでもセックスが出来れば文句は言わない。

 

そういうスタンスでしたが、会う女性はいつもそこそこの容姿の持ち主。

 

だから自分がだんだんと、面食いになっていたのに気が付いたんです。

 

ここは初心を忘れないようにしよう。

 

そんな反省をしつつも、プロフィール写真から気になる女性を見ていくと…おっと。

 

この人、後藤久美子に似てるかも…!

 

頭の中では反省しつつも、またもや美味しいものを食べたくなる。

 

年齢は50歳…?全然見えない…凄く若く見えて美人。

 

趣味はカラオケ…僕もカラオケが趣味だから、話が合うかもしれないな。

 

早速メールを送ることにした。

 

ミントCJ!メール登録はこちらから

 

「はじめまして!一真と申します。素敵なプロフィール写真に惹かれてメールしました。僕もカラオケが大好きです。よかったら二人でカラオケ行きませんか?お返事お待ちしています。」

 

するとすぐに彼女から返信があった。

「はじめまして、一真さん^^嬉しいメールをありがとう。ぜひお会いしてみたいです。よろしくお願いします!」

 

やったぁ!デート決定!

 

あとは日時と場所を決めて、約束当日までたわいもない会話をメールで楽しんだ。

 

ここで真実をお話しします。

 

実は体験談なので、成功した話しか記載していませんが、メールしても返事がないケースは多いです。

 

だから出会い系を始めるのでしたら、ある程度の根気も必要です。

 

アプローチすれば出会えて必ずセックスできるというものでもありません。

 

 

五十路熟女とカラオケ

当日。

 

僕らは渋谷のハチ公前で待ち合わせた。

 

「一真さん…?」

 

目の前に現れたのは、写真で見ていた以上に綺麗な女性だった。

 

しかもなんだかむんむんとした色気が漂っている…。

 

程よい肉付きの体に柔らかそうなおっぱい、それに大きなお尻…。

 

今すぐにでも抱き締めたい!

 

「は、はじめまして!今日はよろしくお願いします!」

 

そう言いながらも、すでに僕の股間は期待に大きく膨らんでいたのだった。

 

緊張をほぐすようになんとか会話しながら、僕らが向かったのはパセラリゾート。

 

「わぁ~!カラオケ久し振りだなっ!一真さんは?」

 

「僕も久し振りですよ。どんどん歌いましょう!」

 

楽しい時間はあっという間に過ぎ、そろそろ退室の時間が近づいていた。

 

(もしかして…今日はこれでおしまいなのか?)

 

そんな事を考えていると、彼女がこちらをじっと見つめているのに気が付いた。

 

「どうしました…?」

 

瞬間、彼女が僕にキスをした。

ちゅっ…

 

(?!)

彼女が微笑む。

 

「ふふふ。寂しそうな顔、してたから。この後…どこかで休みません…?」

 

きたー!ミントJCメール利用してて本当によかった!

 

思わず今度は僕から彼女にキスをして、そのまま手を引いて外に出た。

 

ミントCJメールで出会った五十路熟女の美人もエロかった

 

 

着いた先はカサディドゥエというホテルの503号室。

 

モノトーンを基調とした内装に赤い家具が印象的な部屋だ。

 

部屋に入るとすぐに、彼女が僕を求めてきた。

 

情熱的なディープキス。

なんて積極的なんだ…!

 

「はっ…あぁっ…一真さん…抱いて…抱いて欲しいの…!」

 

僕の理性はどこかに吹っ飛んだ。

 

いささか乱暴に彼女の服を脱がせると、彼女にキスをしながらその色白で柔らかな乳房を揉みしだいた。

 

「あぁん…一真さん、もっと…好きにしていいのよ…!」

 

僕は堪らず、ピンク色のぷくりと膨らんだ乳首をきゅっとつねった。

 

「ひぃっ!き、気持ちいい…堪らないわ…!」

 

「スケベなんですね。こんな風にされて気持ちよがってるなんて」

 

興奮して赤く染まり始めたその乳房に、夢中でむしゃぶりつく。

 

「はぁっん!だめぇ、もう我慢できない…私のおまんこめちゃくちゃにしてぇ!!」

 

「わかりました…嫌って言ってももう止められないですよ…っ!」

ずんっ

 

ぐちゅっぷちゅっぐちゅっ

 

どんどんシーツにいやらしい染みが広がっていく。

 

「あ、あぁっ!気持ちいい!おまんこ気持ちいいのぉ!おまんこ大好きぃ!」

 

「こんなに濡らして、僕を締め付けて…くっ…そんなに締めたら出ちゃうよ…っ」

 

「イく、イく、ねぇ一真さんイっちゃうぅ~!」

 

「僕もイくよ!出すよ、中に出すよ、いいよね、あっ出るっ…!!」

 

僕らは同時に絶頂に達したようだった…。

 

「はぁ…はぁ…一真さん大好き…」

 

その後も僕と彼女が定期的に会い、濃厚なセックスを楽しんでいるのは言うまでもない。

ミントC!Jメールはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です