五十路熟女の味は熟成された高級ウイスキー藤原紀香似の美女を渋谷のラブホで舌鼓

 

管理人のヤマシタです。

 

相変わらず五十路熟女とヤリまくっています。

 

五十路熟女は、僕の好物。

 

熟成された高級ウイスキーの味がします。

 

五十路熟女は熟成された高級ウイスキー

 

17年、余市12年なんて高すぎてなかなか手に入りませんが、それぐらいの価値はあるのです。

 

僕に言わせればヤングギャルは、精々オールドかリザーブといったところ。

 

 

熟成された五十路熟女には味で大きく劣るのです。 

 

「どの五十路熟女にしようかなっと…」

 

 

僕はしがないサラリーマン。

 

仕事じゃ毎日怒られるし、女性にモテル訳でもない。

 

 

…そう、いままではそんな日々だった。

 

だけど、ミントC!Jメールに登録したことで変わったんだ。

 

ミントC!Jメールはこちらから

 

外見に自信がなくても、勇気を出してメールすれば必ず出会える。

 

そう知ったんだ…!

 

 

ミントC!Jメールで出会った美女は藤原紀香にそっくり

 

「…おっ!なんかこの人藤原紀香に似てるな。セクシー…!」

 

「年齢は50代半ば…いやいやどう見ても藤原紀香!めちゃくちゃ綺麗だし!…メールしてみるか」

 

 

(えーと…はじめまして、慎二です^^凄く綺麗で、どこかで見たことあるなって思って…藤原紀香さんに似てますよね?!ぜひ一度お会いしてみたいです^^よろしくお願いします。…送信っと)

 

5分後、すぐに彼女から返信があった。

 

 

「慎二さん、はじめまして^^藤原紀香に似てるなんて、初めて言われました(笑)でも、胸は紀香さんくらい大きいかな…?触ってみます?なんてね(笑)よかったら明日、渋谷でお会いしませんか?」

 

よーし!藤原紀香とデートだ!

 

 

翌日、ハチ公前で僕らは待ち合わせた。

 

ドキドキしながらハチ公前で待つ僕。

 

 

遠くから手を振る女性…彼女だ!

 

「慎二さん!お待たせ!」

 

 

「全然待ってないですよ!今日はよろしくお願いします!」

 

「うふふ。よろしくしちゃいます♪」

 

 

そう言って彼女は腕を組んできた。

 

 

腕に柔らかいものが…これは…も、もの凄い巨乳…っていうか、爆乳!!

 

(わ、…わざとかな…)

 

ドキドキしながら感触を楽しむ。

 

 

「慎二さん、こっちこっち!」

 

「は、はい!」

 

五十路熟女と渋谷とミントC!Jメール

着いた先は、なんとラブホテルヴィラジュリア…!

 

 

混乱しながら部屋まで入ってしまった。

 

「あの…これは…?」

 

「うふふ。あのね、慎二さん…なんだかエッチなことしたくなっちゃったの♪ね、いいでしょ…?」

 

彼女はそう言うと、僕の股間に手を伸ばしてきた。

 

 

「あっ…!」

 

すぐに爆発しそうに大きくなってしまい、なんだか恥ずかしくなる…。

 

 

「すごぉい…もうこんなに大きくなってる…食べちゃいたい…」

 

言いながら、手慣れた様子で僕の服を脱がせおもむろにしゃぶり始めた。

 

 

じゅるるるっじゅぽっじゅぽっ

 

「おっきぃおちんぽ…んっ…おいひぃ…」

 

 

「あっだめですよ、そんな…くっ…!」

 

「気持ちいい?気持ちいいの?んっ…」

 

じゅぽっじゅるるっじゅぽっ

 

 

濃厚なフェラに、僕はすぐにイきそうになる。

 

 

「タマタマも舐めちゃお…」

 

「あぁっ!や、やばいです、そんなにしたらイっちゃいます…!」

 

「イっていいのよ…おちんぽから白いの一杯出して…!」

 

 

「…くぅっ!イく、イく、イく…っ!!」

 

 

びゅるるるっ

 

彼女の口内に僕は射精した。

 

「おいひぃ…ごくんっ」

 

 

「飲んじゃったんですか?!」

 

「いいの、美味しいんだもの♪」

 

 

いやらしく可愛い彼女の笑顔に、思わずまた股間がむくむくしてきた。

 

「あら?…うふふ。またおっきくしてる…」

 

 

「あなたがいやらしくて可愛いからですよ…もう僕我慢しないですからね…!」

 

そういうと彼女の服を乱暴に脱がせ、その爆乳を揉みしだいた。

 

 

「あっあぁんっ!そうよ、もっと…もっとしてぇ!」

 

ぴんっと起った乳首を優しく噛む。

 

「あひぃっ!あぁっ…いいわ、凄く気持ちいい…!あぁんっもっとぉ!」

 

 

「我儘ですね。そんな我儘な子は、お口を塞がないとね…っ!」

 

 

いきりたった僕自身を、とろとろに濡れた彼女に一気にうずめた。

ぐちゅっ!ずちゅっぐちゅっぐちゅっ

 

「あんっあっひぃっ!んっ…おちんぽ…おちんぽ気持ちいいのぉ!慎二さんのおちんぽ好きなのぉ!あぁん!」

 

そう言いながらきゅぅっと僕を締め付ける。

 

 

「うぅっ…イきそうだ…どこ?どこに欲しいの?言ってごらん?」

 

 

「おまんこにぃ…おまんこに慎二さんのザーメン欲しいのぉ!あぁ~イくぅ!!」

 

「出すっ…出すよ!イく、イく…っ!!」

 

「それじゃあ…。」

 

どちらからともなくさよならの挨拶。

 

 

彼女は駅に向かって歩き出した。

 

ちょっと寂しくなりながらも、僕はまたミントJCメールを開いていたのだった。

 

 ワインの味は分からない。

 

 

だけど、高級ウイスキーと五十路熟女の味は分かるのです。

 

舌が肥えてきた今日この頃です。

 

ミントC!Jメール登録は無料です

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です