五十路熟女はまるで松嶋菜々子ミントC!Jメールで出会いエロチックな時間が錦糸町を駆け巡る

 

管理人のヤマシタです。

 

いろいろ出会い系を試したけど、僕はミントCJメールが大のお気に入り。

 

他の出会い系より間違いなく出会えます。

 

五十路熟女なら断然ミントC!Jメールがおすすめです。

ミントC!Jメールはこちらから

 

五十路熟女はミントC!Jメールで入れ食い状態

「今日はどの子にしようかな…っと」

 

僕は本当に冴えない男だ。

 

仕事もバリバリ出来るわけじゃない、結婚も出来ず出会いもなく、ただつまらない毎日を送っていた。

 

…ただそれもJメールを使い始めるまでの話!

 

今では毎週いろんな女性に会ってヤリまくり。

 

信じられないと思うけど、本当の話なんですよ。

 

 特に五十路熟女は入れ食い状態なんです。

 

「今日は今すぐ会える五十路熟女がいいなぁ…」

 

アダルト掲示板の今すぐ遊びたい子達が投稿しているコーナーを見てみた。

 

すると早速綺麗な五十路熟女を発見!

 

プロフィール写真はなんと松嶋菜々子似の美人…!

 

しかも僕と年齢が近くて50代ときた。

 

こんなに綺麗な50代とセックス出来たら最高だ…これはメールするしかないでしょ。

 

「はじめまして^^慎二と言います。掲示板を見てメールしました。」

 

「プロフィール写真、凄く綺麗だなと思って…思わず抱きしめたくなっちゃいました♪よかったらこの後錦糸町で会えますか?お返事待ってます!」

 

…送信ボタン、ぽちっと。

 

するとすぐに彼女から返事が来た。

 

松嶋菜々子似の五十路熟女と錦糸町で待ち合わせ

 

 

「慎二さん、はじめまして♪そんな風に褒められることってないから、凄く嬉しいです。」

 

「こんなおばさんでも、抱き締めてくれる…?よかったら1時間後に錦糸町駅の南口改札を出たところで待ってます。」

 

おぉー!!今日は松嶋菜々子似とヤれる…!!

 

僕は急いで支度をして錦糸町へと向かった。

 

するとすでにそこには彼女と思わしき女性が。

 

「はじめまして!慎二です!」

 

彼女は一瞬びっくりした後、ふんわり優しい笑顔で僕に挨拶してくれた。

 

「慎二さん、はじめまして」

 

ちょっと恥ずかしげな彼女…凄く、可愛い。

 

松嶋菜々子に似ていて美人。

 

「手、繋ぎましょう?」

 

そう言うと、またも彼女は照れた顔でこくんっと頷く。

 

僕は彼女の手を引き、ホテル街へと向かったのだった。

 

着いた先はSARA錦糸町の204号室。

可愛らしく清潔感のある部屋でこれから彼女をめちゃめちゃに出来ると思うと、堪らなく興奮した。

 

「ねぇ、慎二さん…」

 

ふいに彼女が話しかけてきた。

 

「ん?どうしたの…?怖くなっちゃった…?」

 

「うぅん、違うの。実は私…主人ともう10年以上シてなくて…。だから、その…凄くシたくて堪らないの。私の事、メチャクチャにしてください…!」

 

堪らず僕は彼女にキスをした。

 

こんなに可愛らしい女性を放って、旦那さんは何をしているのか。

 

僕が奪ってしまいたいくらいだ…!

 

今日、僕が…僕が彼女を奪ってやる…!

 

 

五十路熟女のエロさはハンパない

「ちゅっ…はぁんっ…慎二さ…んっ!…」

 

「いいわぁ…ちゅっ…もっと、もっとちょうだい…」

 

僕は彼女とキスをしながら、その細く柔らかな身体に手を伸ばした。

 

優しく背中を撫でる。

 

その度に彼女はぷるぷると震えた。

 

「気持ちいいの?背中を撫でただけだよ?」

 

「んっ…はぁ…っ…だって気持ちいいんだもの…」

 

「じゃあ、ここは?」

 

おもむろにニットに隠れた乳房に優しく振れた。

 

「はぁんっ…!だ、だめぇ…そこはだめぇ」

 

「ん?気持ちいいの?」

 

思っていたより豊かなその乳房の感触に驚きながら、ぷくぅと膨らんだ乳首を弾いた。

 

「…っ!!」

 

声にならない鳴き声をあげる彼女。

 

「ふふふ。可愛い。とっても可愛いよ」

 

そのまま優しく服を脱がせると、僕は彼女の反応を楽しみながら身体中にキスをした。

 

何度も何度も体を震わせる彼女。

 

僕は堪らずぐいっと彼女の足を開き、そのむんっとしたいやらしい部分に顔を埋め匂いを嗅いだ。

 

「ひゃぅっ!だ、だめ、そこは汚いわ…」

 

言いながらも彼女のそこはみるみる染みを大きくしていった。

 

僕はパンティーを脱がせると、彼女の言う事は構わず優しく何度も舐めあげた。

 

「あっあぁっ!気持ちいいのぉ!慎二さん、きもちいいのぉ!あぁん…!」

 

「もう我慢できない…挿れるよっ!」

 

ずんっ

ぐちゅっぷちゅっぐちゅっ

 

「いやぁ!もっとぉ!あんっあっはぁんっ!」

 

「いやらしいな…こんなに締め付けて…我慢できない、出すぞ!」

 

「あっ顔っ顔に出して!お願い!顔に出してぇ!」

 

「…うっ…イく…っ!!」

 

瞬間、僕は彼女の顔に僕の真っ白でドロドロな欲望を吐き出した。

 

「はぁ…はぁ…だ、大丈夫…?」

 

彼女に声を掛けると、彼女はとろんとした目で僕を見て、

 

 

「もう一回ぃ…」

 

と言った。

 

僕は、彼女との関係は長く続くだろうと頭の片隅で考えながら、目の前の快楽にまた落ちていったのだった…。

 

五十路熟女はほんとエロい。

 

五十路熟女のエロさはハンパない!

 

いつもいつも五十路熟女にはまってしまう僕でした。

ミントC!Jメール登録は無料です

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です