ミントC!Jメールで出会った沢口靖子似の五十路熟女はアナルセックスを猛烈おねだり!

 

こんにちは。

管理人のヤマシタです。

 

僕は出会い系利用については運がいい方かもしれない。

 

出会い系に入会してもなかなか出会えない人が多いみたいなのに、僕は結構出会えてヤリまくっています。

 

もしかしたら五十路熟女に的を絞っているからなのかもしれません。 

ミントC!Jメールのアダルト掲示板で検索

 

僕は、本当に女性に縁がなかったんだ。

 

仕事もパッとしないし、散々だった。

 

そんな僕が、女性のぬくもりが感じたくて(つまりはセックスしたくて)出会い系サイトのミントC!Jメールを利用し始めたのです。

 

出会い系って言っても本当は出会えないんだろう?って思ってる人も多いかもしれない。

 

だけど、僕の場合はいつも簡単に出会えるんだ。

 

僕でも出会えるんだからハードルはそんなに高くないと思うんです。

 

僕が利用しているミントC!Jメールには、沢山の女性が恋をしたくて・あるいはセックスがしたくて登録をしています。

 

ミントC!Jメールはこちらから

 

 

今日はどんな五十路熟女に出会えるだろうか…。

 

「今日はアダルト出会い掲示板を検索してみるか」

 

 

 

沢口靖子似の五十路熟女はアナルセックスが大好き

 

 

写真を載せている人もいるけど、正直あまりあてにできない。

 

出会い系では適当に修正して写真をのせている人は多いのですが、それでもたまにはっとすることがあるんです。

 

その中で僕は、一人の女性に目が釘付けになった。

 

 

それもそのはず、沢口靖子にそっくりなのだ…!

 

さっそく募集内容を見てみる。

 

 

「変かもしれないけれど、お尻がとってもうずきます。誰か私のお尻を犯してくれませんか?主人には言えず悶々とした日々を過ごしています…。」

 

こ、こんなに綺麗な人がアナルセックス…?!

 

 

しかもよく見ると年齢も50代前半…嘘だろ?!

 

僕の大好物の五十路熟女だ!

 

 

僕はドキドキしながらメールを送った。

 

アナルセックスなんてしたことないけど…興味あるし…どんな感じなんだろう…。

 

「はじめまして^^慎二と言います。凄く綺麗な人だなと思って思わずメールしちゃいました。それに…こんなに綺麗な女性のアナルを犯せるなんて、考えただけで興奮します。あなたにお会いしたいです。メール待ってます。」

 

 

…お、送ってしまった~!!

 

 

あとは返事を待つだけ…と思ったらもう返事が!

 

 

 

「慎二さん、はじめまして。メールいただけて嬉しいです。こんな私でよかったら、気の済むまで犯してください…。」

 

やばい…僕の股間はもうギンギンに硬くなっていた。

 

 

彼女とメールをやり取りし、明日の昼間に会うことに決まった。

 

 

柏駅前に現れた五十路熟女といきなりホテルへ

 

待合わせは柏駅の改札前。

 

緊張する…。

 

しばらくすると、突然ふわっといい匂いがした。

 

「慎二さん?私、ミントC!Jメールでメールした…」

 

彼女だった。

 

写真以上に綺麗だ…!

 

「は、はじめまして!今日はよろしくお願いします!」

 

「うふふ。はい、よろしくお願いします…」

 

にこっと微笑む彼女にドキドキしながら、僕らはタクシーを拾ってホテルへ向かったのだった。 

 

 

着いたのはホテルシンプロン。

 

部屋に入るなり彼女はキスをしてきた。

 

「んんっ…ちゅっ…はぁ…」

 

 

いやらしい舌遣いでねっとりと僕を責めてくる。

 

僕は興奮を抑えられず、彼女の着ていた上品なシャツとセクシーなランジェリーを乱暴に脱がせた。

 

「あんっいやん…」

 

 

「本当に嫌なの?犯してほしかったんでしょう?」

 

 

ぷるんっとした小ぶりな乳房に僕はむしゃぶりついた。

 

「あぁん!いやぁ!もっとぉ!」

 

 

「嫌なの?いいの?どっち?」

 

可愛らしくぷくぅと膨らんだ乳首を、ぐりぐりと摘まむ。

 

 

「あひぃ…!い、いいの、気持ちいいのぉ!んっ…あぁっ!」

 

「慎二さん、我慢できない…ここ…お尻におちんぽちょうだい…!」

 

 

彼女はそう言うと尻を突き出し、ふりふりと僕を誘った。

 

僕は堪らず彼女のスカートをたくし上げパンティーをずらし、遠慮なく僕自身をずぶりとぶち込んだ。

 

ずんっ!

 

 

そこは、使い込まれているのかすんなり僕を受け入れた。

 

ずちゅっぐちゅっぐちゅっ

 

 

「あっ!いぃ!おけつまんこ気持ちいぃのぉ!主人以外のおちんぽで気持ちよくなってごめんなさいぃ…っ!」

 

 

絶叫に近い声でよがり狂う彼女の中は、まるで逃しはしないとでも言うようにきゅうきゅうと僕を締め上げた。

 

 

「ご主人以外のおちんぽの味はどう?ほら、言ってごらん!」

 

華奢な身体に見合わないぷりんとした大きな尻を思いっきり叩いた。

 

「ひぃっ!あっ、お、美味しいですぅ!おちんぽおいしいのぉ!おけつまんこがおいしがってるのぉ!!」

 

 

(くっ…どんどん僕を締め付けてくる…っ!もう我慢が…!)

 

 

「あぁ~イく!だめ、イっちゃう、イっちゃう~あぁ~…っ!」

 

そう彼女が叫ぶと同時に、どぴゅどぴゅっ!!と僕も果てた。

 

 

それからも時々彼女に会っては、濃厚なアナルセックスを楽しんでいる。

 

ミントC!Jメール登録は無料です

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です